コーヒーの効能 豆知識

【コーヒーの脂肪燃焼効果】

shibou_nensyouコーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸が主にかかっているそうです。
カフェインと聞くと悪玉と考えられていますが、さまざまな薬効を持っており、脂肪燃焼にも関与しています。脂肪を燃焼して熱に変える褐色脂肪細胞を活発にさせる働きがあるそうです。
クロロゲン酸は、体内で分解された脂肪酸を脂肪酸や糖を燃やしてエネルギーを作るミトコンドリアへの取り込みを促進させる作用があるそうです。
つまり、コーヒーには脂肪の分解を促進し分解した脂肪を燃やしやすくする働きがあるようです。
コーヒーで脂肪燃焼効果を狙うのであれば、1日3杯くらいを目安に飲むのが良いようです。

【代謝率がアップ】

コーヒー1杯程度のカフェイン摂取で、飲んでから3時間程度、3~5%、3杯程度での摂取で10%ほど代謝が上がるようです。

【コーヒーに備わる、血栓を溶かす力】

血管内部の出血を止めるためにできる血栓。メカニズムが狂うと心筋梗塞などを引き起こしますが、コーヒーには血栓を溶かしやすくする働きがあるそうです。

【毎日飲むコーヒーが、脂肪肝を抑制する】

運動不足でお腹まわりが気になるあなた。脂肪肝ではないだろうか。ところが、うれしいことにコーヒーを毎日飲むことで脂肪肝の発生を抑えられるらしい。

【血栓をつくりにくい?コーヒーの不思議な力】

血のかたまりが血管に詰まってしまう血栓は、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因のやっかいものですが、コーヒーにはこの血栓をつくりにくくする不思議な作用があるそうです。

【善玉コレステロールの機能を高めるコーヒー】

virus_zendama_good赤ワインのポリフェノールが体にいいということは知られていますが、コーヒーにもポリフェノールが含まれていることは意外と知られていません。
ポリフェノールの作用で最も重要なものは抗酸化作用のようです。

【香りから生まれる、 「癒し」と「集中力」】

コーヒーを淹れたときの、あのふわっとした香りが好きな人はきっと多いですが、その独特な香りには、人間の脳に働きかける効果があるようです。

【コーヒーを毎日飲むと寿命がのびる?】

コーヒーは、体に悪いイメージがありますが、コーヒーは毎日飲んだほうが体に良いようです。喫煙の有無、飲酒量など身体状況にもよりますが、コーヒーを毎日飲むことで有意に低下した死因は、心臓病・呼吸疾患・脳卒中・糖尿病などがあったそうです。コーヒーを飲む習慣のある人は、死亡率が低くなっていることが分かったようです。

【コーヒーで認知症が予防できる】

fruit_coffee認知症発症者とコーヒー消費量との関係を調べたところ、毎日コーヒーを3~5杯飲む人がリスクの低いことが明らかになったようです。
アルツハイマー病患者の脳には、アミロイド斑が蓄積しているようですがカフェインにはこのアミロイド斑の蓄積を減少させることが動物実験で確認されたようです。

このページの先頭へ